メインイメージ

サポートする支援センター

会社設立をサポートする支援センター

日本の雇用形態が多様化し、人々はかつてのように一つの職場に定年まで働くということが望めなくなってきているようです。また、あえてそれをチャンスと捉え自ら会社設立をする方も増えています。ただし、アメリカンドリームのように、無一文から初めて立派な会社を興すことなど誰にでも出来るものではありません。それ相応に会社設立の準備をする必要があります。

まず、会社にはどのような形態があるかですが、日本には、株式会社と持分会社の2種類があります。また、持分会社には、合名会社、合資会社、合同会社がありますので、全部で4つの形態があるわけです。中でも合資会社は、2006年(平成18年)5月1日に制定された会社法により関連法の整備が進み有限会社がなくなるかわりに誕生した会社形態であるとも言えます。合同会社の特徴は、1人でも会社設立が出来ること、かつ有限責任であることです。有限責任とは、会社が倒産した場合に出資の範囲でしか損害賠償を問われません。個人事業主や合名会社・合資会社では、倒産した場合の責任を無限に問われる無限責任といい、個人資産も損害賠償に充てる必要があります。

会社形態の具体的な内容をよく理解せずに会社設立をすることは大きなリスクがありますので注意が必要です。会社設立の前には、知識を得ることと、準備資金を用意すること、その他設立手続きについても細かな決まりごとがありますので情報を得るようにしましょう。
司法書士・行政書士・税理士などの法律のプロは、会社設立についての専門的な知識を持っています。また、起業サポートをしている事務所がありますので参考にされてはいかがでしょうか。例えばインターネットで「会社設立、センター」などをキーワードに検索をすると、起業家を支援するサポートセンターがいくつもあることが分かります。それぞれに特徴がありますので、ホームページの内容を読み比較してみることをおススメします。
会社設立時のサポートだけでなく、設立した後も色々と相談に乗ってくれる事務所がよいかも知れません。値段だけで決めるのは少しリスクがあるでしょう。ほとんどのところで、電話やメールで問い合わせが出来ます。また、無料相談会を実施しているところもあります。
会社設立は夢や希望がありますが、簡単に成功すると考えていると大きな落とし穴があります。企業に雇われるのと自分が経営者になるのでは責任の大きさが違うからです。慎重に準備する必要があります。

Copyright© 2015 会社設立において頼るべき場所 All Rights Reserved.